月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子走幅跳予選で秦澄美鈴は6m39 決勝逃すも持ち味の高さのある跳躍見せる/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のモーニングセッションに行われた女子走幅跳予選。秦澄美鈴(シバタ工業)は2回目の6m39(+0.4)が最高で、決勝に進むことはできなかった。

26歳の秦は初の世界選手権出場。1回目はファウルだったが、2回目に持ち味の高さのある跳躍を披露した。3回目は6m38(+1.6)にとどまり、予選通過記録の6m75に届かず。全体でも20位に終わり、決勝に進める上位12番目に入ることができなかった。

大阪・山本高卒業後、武庫川女大で走幅跳を始めた。昨年、日本歴代4位タイの6m65をマーク。日本選手権は昨年、今年と2連覇している。元々は走高跳が専門で、大学3年時の17年アジア選手権に出場した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com