月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

11年ぶり出場で43秒33の日本新刻んだ女子4継カルテット「今後は決勝に残ることが目標」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた女子4×100m予選。日本は青木益未、君嶋愛梨沙、兒玉芽生、御家瀬緑のオーダーで臨み、1組7着で予選敗退ながら43秒33の日本新記録を樹立した。

昨年の世界リレーで4位で11年ぶりとなる世界選手権出場をつかんだ日本チームは、100mハードルの日本記録保持者である1走の青木が「(明日出場予定の)ハードルのことは何も考えずに、予選のこの1本に全力を注げた」という抜群のスタートを切ると、日本選手権100m覇者である2走の君嶋も健闘。3走の兒玉も「勝負しようと気持ちを固めてやってきた」と必死に世界に食い下がると、御家瀬も順位を下げながら懸命にフィニッシュまで駆け抜けた。

タイムについて君嶋は「このリレーチーム組んだ時に絶対日本新を出そうと話し合ってきた。そこは素直にうれしい」とコメント。アンカーを務めた御家瀬は「初の世界大会で第一歩を踏み出せたという感じですが、世界との差はすごいと身をもって感じた」と話し、兒玉も「日本記録更新はうれしいけど、世界との差を痛感した」と複雑な表情を浮かべた。

2011年から11年も止まり続けていた日本記録の時計を動かしたチームジャパン。今後について御家瀬は「今後は決勝に残るという目標を掲げ、一丸となってやっていきたい」と意気込みを口にした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com