月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

800mで世界のスピードを体感した田中希実 2日後の5000m決勝へ「3種目挑戦して良かったと思える終わり方をしたい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた女子800m予選。6組に出場した田中希実(豊田自動織機)は2分03秒56で7着に終わり、準決勝進出はならなかった。

前日に行われた5000m予選のレース後は、珍しくなかなか立つことができないほど疲労を見せていた田中。だが1日経って世界のスピードに苦戦しながらも「らしさ」は見せた。

スタート直後こそ大きく遅れたものの、200m過ぎから追い上げ、600m手前まで集団の中でレースを進めた。「800mではスピードがないけど、世界の選手と一瞬でも波長を合わせることができました」。

ただ、残り200mからは世界レベルを体感。準決勝に進むための順位争いには加われなかった。「ラストに差し掛かったところで、動きが違いました。そこは今後の課題」と田中。記録についても「中途半端」と振り返った。

それでも、この種目では2005年ヘルシンキ大会の杉森美保、07年大阪大会の陣内綾子以来となる日本勢15年ぶり3回目の出場を果たした。辞退者の繰り上がりで出場となったが、日本にとってはこの種目で国際舞台を踏むこと自体が大きい。

また、3種目出場は短距離選手がリレーを含めてあるものの、個人3種目は田中が世界選手権の日本選手では史上初。五輪を通じても1928年アムステルダム五輪の織田幹雄が走高跳、走幅跳、三段跳に出て以来94年ぶりとなる。

しかし、オレゴンでの田中の冒険はまだ続く。2日後の5000m決勝に向けて「3種目挑戦して良かったと思える終わり方をしたいです」と話していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com