月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5000m日本選手権2連覇の遠藤日向は13分47秒07で予選落ち 選手と接触してつまずく不運も最後まで力走/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子5000m予選。2組に登場した遠藤日向(住友電工)は13分47秒07で13着に終わり、敗退した。

世界選手権初出場となった遠藤。序盤まで集団の中でレースを進めていたが、2000m付近で後方の選手と接触し、つまずいた。その直後に先頭がペースアップして、一気に差が開いていった。その後も追いつけず苦しい走り。しかし、最後まであきらめずに力走した。

23歳の遠藤は日本選手権で昨年、今年と2連覇中。今年5月には日本歴代2位の13分10秒69をマークし、オレゴン世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)を突破した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com