月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が800m2分03秒56で予選落ちも、世界選手権日本人初となる個人3種目出場の足跡残す/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた女子800m予選。6組に出場した田中希実(豊田自動織機)は2分03秒56で7着に終わり、敗退した。

国内レースと同じように後方から追いかけていく展開。300m過ぎで追いつき、先頭が400mを58秒台で通過するペースについていった。2周目のバックストレートまで集団の中にいたものの、残り200mあたりから徐々に差が開き、準決勝進出はならず。それでも、連戦の疲れをほとんど見せずに駆け抜けた。

今大会の田中は初日の1500m予選、2日目に1500m準決勝、7日目の5000m予選を経て4レース目。日本選手としては世界選手権史上初となる個人3種目の挑戦を経て、2日後の5000m決勝に臨む。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com