月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実5000mで決勝進出!予選で15分00秒21敗退した1500mの分も「楽しみたい」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子5000m予選に、今大会3種目出場の田中希実(豊田自動織機)が出場した。

先に行われたのは東京五輪8位だった1500m。こちらは準決勝で敗退となり「位置取りなど間違わなければ決勝に行けたと思いますし、悔しいよりも楽しみが奪われてしまった感じ」だと振り返る。

2種目目が5000m。「今年は5000mのほうが整っていたが、不安はありました」と言う。集団の前を走りながら、「脚がきつかった」と振り返る田中。5着までの着順での決勝が厳しいなか、1組目の記録を頭に入れながらも、冷静に「粘れ、粘れ」と言い聞かせる。「最後まで粘れましたが、思ったよりも上がらなかったです」。結果はシーズンベストの15分00秒21の9着で、プラスの4番目に入って東京五輪で果たせなかった決勝進出を決めた。

「プレッシャーもあって今日は楽しめなかった」と悔しい表情。昨年の五輪では5000mで予選敗退してから「気持ちを切り替えて」1500mの入賞につなげた。その点、今回は1500mで不完全燃焼からの5000m。だからこそ、「決勝は楽しみたいし、ラスト届かなかった分は800mのスプリントで出したい」と見据えるのが田中らしい。

明日は800m予選をこなし、日本時間24日朝10時25分にスタートする5000m決勝に挑む。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com