月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

飯塚翔太は200m準決勝20秒77で7着!悲願のファイナルはならずも3度目のセミファイナルを力走/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)5日目

オレゴン世界陸上5日目のイブニングセッションに行われた男子200m準決勝。1組で飯塚翔太(ミズノ)が出場し、20秒77(-0.1)で7着にとどまり、決勝進出には届かなかった。

前日の予選は20秒72(±0)の3着に入ったが、この日は前半から世界トップスプリンターたちのスピードについていけず、予選からタイムを縮めることができなかった。

だが、大会開幕1週間前に世界陸連から発表された出場資格追加選手に名前があったことを受け、オレゴン行きが急遽決まったながれから、自身3度目のセミファイナリストに。31歳のベテランは大舞台でしっかりと力を発揮した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com