月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三段跳女王ロハスが15m47で悠々3連覇!!15mジャンプ連発で世界大会連勝「6」に伸ばす/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のイブニングセッションに行われた女子三段跳決勝は、女王の独壇場だった。昨年の東京五輪金メダル、15m74の世界記録を持つユリマール・ロハス(ベネズエラ)が2回目に今季ベストの15m47(+1.9)をマークし、2位のシャニエカ・リケッツ(ジャマイカ)に58cmもの大差をつけて悠々と3連覇を飾った。東京五輪と、その間に行われた2018年と今年3月の世界室内選手権を合わせた世界大会の連勝は「6」に伸びた。

今年は世界室内を15m74の世界新で3連覇したあと、屋外初戦は6月に入ってからとスロースタート。練習拠点にするスペインの競技会で6月8日に走幅跳(6m93/+0.4)、11日に三段跳(14m83/+1.0)に出場したのみで、世界陸上に臨んでいた。実戦不足の影響は助走に現れ、踏み切り板に合わない跳躍やファウルを繰り返す。ただ、それでも3回目に15m24(+1.1)、優勝を決めた後の6回目に15m39(+0.5)と、1回目(14m60/+0.3)以外はすべて15mジャンプ。記録以上に、他を圧倒する内容だった。

元バレーボール選手で、190cmを超える長身を生かした雄大な跳躍が持ち味。20歳だった2015年に、世界選手権男子走幅跳で4連覇を誇るイヴァン・ペドロソ氏(キューバ)とSNSを通じて知り合い、指導を受けるためにスペインに渡ったところから、ロハスの輝かしいキャリアが始まった。

ライバルはもはや見当たらない。ロハスの視線の先にあるのは「16m」を跳ぶことのみ。女子史上初の快挙達成は、もう時間の問題だ。

■女子三段跳上位成績
1位 ユリマール・ロハス(ベネズエラ) 15m47(+1.9)
2位 シャニエカ・リケッツ(ジャマイカ) 14m89(+1.7)
3位 トリ・フランクリン(米国) 14m72(+1.8)
4位 レヤニ・ペレス・ヘルナンデス(キューバ) 14m70(+1.9)
5位 テア・ラフォンド(ドミニカ) 14m56(-0.3)
6位 ケトゥラー・オルジ(米国) 14m49(+2.4)
7位 キンベリー・ウィリアムス(ジャマイカ) 14m29(+0.2)
8位 パトリシア・マモナ(ポルトガル) 14m29(+2.1)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com