月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走高跳・真野友博 大会日本人初の入賞!2m27で8位に入るも「2m30を跳べず悔しい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のイブニングセッションに行われた男子走高跳決勝に真野友博(九電工)が出場した。

大会初日に行われた予選は日本人トップバッターとして「(日本チームに)勢いをつけられた」と2m28をクリアして予選を突破。幸先の良いスタートを切っていた。

「試合前の助走練習で調子が良かった」と良い感覚で迎えた決勝。2m19、2m24を2回目に成功した。続く高さは2m27。軽やかな助走で踏み切りへ入ると見事1回目にクリアして見せた。2m30は惜しくも3回失敗。それでも無効試技数の差で8位に入り、大会日本人初の入賞を果たした。

「狙っていた」という入賞にうれしさもあるが、今季は2m30を2度マークしていたこともあり「2m30を跳べず、悔しい思いもあります」と心境を口にした真野。「2m30やそれ以上を狙えそうだった」と記録面ではやや不満も残した。

「2m27の1回目が結果的に(入賞に)つながってラッキーだった」と振り返り、「決勝で良い跳躍ができるようになりたい」とまだまだ上を見据えて挑戦していくつもりだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com