月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1500mキピエゴンが4度目の世界一!パフォーマンス世界歴代10位の3分52秒96/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のイブニングセッションに行われた女子1500m。五輪連覇中のフェイス・キピエゴン(ケニア)が貫禄の走りを見せた。

レースがスタートすると、室内世界記録(3分53秒09)保持者のグダフ・ツェガイ(エチオピア)が一気に先頭へ立ち、キピエゴンもそこにつく。400mの通過タイムが58秒82と、世界記録(3分50秒07)の更新を狙えるほどのハイペースだった。

だが、中盤からややペースが落ちると800mを2分03秒18で通過。この時点で先頭集団はツェガイ、キピエゴン、東京五輪銀メダリストのローラ・ミューアー(英国)の3人だった。

3人の激しい優勝争いが繰り広げられるなか、ラスト1周の鐘が鳴るとキピエゴンがもう一段階ギアを上げる。ツェガイと併走するかたちで1200mほどまで進んだが、その後はキピエゴンが引き離して独走。ホームストレートへ入ってもそのスピードは落ちることなく、3分52秒96でフィニッシュ。パフォーマンス世界歴代10位の好記録で17年ロンドン大会以来となる2度目の優勝を果たした。

2位には3分54秒52でツェガイ、3位には3分55秒28でミューアーが入った。

キピエゴンの自己ベストは世界歴代4位となる3分51秒07。5月にも今回と同じヘイワールド・フィールドで、パフォーマンス世界歴代9位でセカンドベストの3分52秒59をマークしている。

激闘を制し、4度目の世界一となったキピエゴン。次なるターゲットは世界記録の更新だ。

■女子1500m上位成績
フェイス・キピエゴン(ケニア) 3分52秒96
グダフ・ツェガイ(エチオピア) 3分54秒52
ローラ・ミューアー(英国)   3分55秒28
フレイニ・ハイル(エチオピア) 4分01秒28
ソフィア・エナウイ(ポーランド)4分01秒43
シンクレア・ジョンソン(米国) 4分01秒63
ジェシカ・ハル(豪州)     4分01秒82
ウィニー・ナニョンド(ウガンダ)4分01秒98

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com