月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

泉谷駿介110mH準決勝5着で日本初ファイナル届かずも「悔しさは今後の大会で晴らしたい」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子110mハードル準決勝2組に出場した泉谷駿介(住友電工)は、13秒42(+0.3)で5着。2着+2の決勝進出条件で、最低でも4着までには入らなければならなかったが、この時点で敗退が確定した。

「1台目は良かった」と振り返るように、「もう少し攻められたし、置きにいった」レースだった予選とは打って変わって前半はトップを争う展開。だが、「中盤以降が良くありませんでした」。インターバルをうまく刻み切れず上位争いから徐々に後退した。それでも、13秒56(+0.4/3着)だった予選からはタイムを縮め、これまで準決勝6着だった世界陸上の日本人最高着順を上回った

それでも、3度目の世界挑戦で味わったのは、またも悔しさだった。3年前のドーハ世界陸上は、代表入りしながらも直前のケガで出場できず。現地入りしたが、スタンドからレースを眺めるしかできなかった。昨年の東京五輪では、ランキング2位という立場で挑んで準決勝に進んだものの、0.03秒差で「ファイナル」を逃した。「去年の五輪も悔しかったけど、今回もあまりうまくいかなくて悔しさがある」と泉谷は唇をかむ。

今季は3月の日本選手権室内で足首を痛めた影響でシーズン序盤は試合から遠ざかる時期もあり、実戦の中でハードルの感覚をうまく作ることができなかった。それでも、持ち味のスピードは確実に進化している。日本選手権では向かい風1.2mの中で13秒21をマークし、2連覇を達成。「6位内」を目標に掲げた世界陸上に向けて、上昇カーブを描くことはできていた。

その力を発揮するために、今回痛感させられたのが「世界の舞台でアベレージを上げられるようにすること」。昨年は日本選手権で2021年世界リスト5位となる13秒06の日本記録を叩き出すなど、ハイレベルの記録を連発した中で五輪に挑んでいる。

「課題はたくさんあるので、今後の大会で晴らしたい」

来年のブダペスト世界陸上、24年のパリ五輪、25年の東京世界陸上と続いていく世界大会へ、泉谷はその視線をしっかりと向けていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com