月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【Headline】都道府県男子駅伝リザルト、新谷日本新など

【月陸NEWSまとめ】
1週間の陸上ニュースを振り返る!
都道府県男子駅伝、新谷ハーフマラソン日本新など
(1月14日~1月19日)

都道府県男子駅伝リザルト
1月14日
箱根3位・国学院大の新主将は新3年の木付琳(スポーツ報知)
陸上、ケンブリッジが五輪へ抱負 「リレーと個人で好結果」(共同通信)
1月15日
ナイキの厚底シューズ、禁止へ 複数の英メディア報じる(サンスポ・共同通信)
東洋大・相沢選手ら『箱根から世界へ』語る 2月8日にシンポ(福島民友)
1月16日
ケンブリッジに新トレーナー「バランス良くなった」(日刊スポーツ)
逆転Vの女子駅伝京都チームが本社訪問 「予想以上に追い上げてくれた」と沢井監督(京都新聞)
1月17日
ベケレとキプチョゲ、直接対決へ 4月のロンドン・マラソン(共同通信)
聖火ランナーに瀬古利彦さんら 三重県が追加選出(中日スポーツ)
鈴木亜由子&野口みずきマラソン対談【拡充版】夢、猛練習、そして我慢のオリンピック(読売新聞)
別府大分毎日マラソンの出場選手発表 箱根4区制した吉田ら一般出場(毎日新聞)
別大マラソン、リオ代表・佐々木らを招待 福田穣は中2カ月で参戦(スポニチ)
18日
小池祐貴が60m転戦で米国へ「加速し続ける」(日刊スポーツ)
藤光謙司、リレーと個人 メダルの重みは難しい(スポーツ報知)
19日
新谷仁美がハーフマラソン日本新 福士加代子の記録を14年ぶりに破る(スポーツ報知)
天満屋・小原、快走で五輪へ意欲 「勝負強さ引き出し楽しめた」 選抜女子駅伝(毎日新聞)
長野が3年ぶり8度目の優勝 アンカー設楽悠太が追うも埼玉3位(スポーツ報知)
東洋大の相沢晃が7大会連続区間賞 松山和希に東洋大エース後継を期待(スポーツ報知)
箱根8位の駒大に進学する花咲徳栄の唐沢拓海が全国駅伝4区で区間タイ(スポーツ報知)
箱根10位の東洋大に進学する松山和希が区間タイ 青学大入学の佐藤一世は3位(スポーツ報知)長野、大会新で8度目V(サンスポ)
設楽悠太「大学生の若さに負けた」7区3位で埼玉V導けず…マラソン代表獲得へ切り替え「1本1本全力」(中日スポーツ)

タグ:



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com