月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子3000mSC・吉村玲美 予選14着で悔しさ残るレースに「もう一度やってやろうと思えた」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた女子3000m障害。吉村玲美(大東大)が19年ドーハ大会に続いて2度目の世界に挑戦した。

スタートから集団の最後方でレースを進めるも、海外勢と離されないように食らいついた吉村。だが、「最初の1000mできつくなってしまった」と徐々に前との差は開いていく。その後はペースを上げることができず、9分58秒07で14着となった。

レースプランとしては「2000mまで楽について行って、ラスト1000mまで粘りたかった」というが、なかなか思い通りの走りができず。

2大会連続の世界陸上となったが、今大会は追加で代表に内定。「ギリギリの発表となり、そこまで出場できると信じて合わせてきたつもりでしたが、心のどこかで不安がありました」と心の内を明かした。

今年6月の日本選手権では3000m障害で山中柚乃(愛媛銀行)らと高速レースを繰り広げて4位に入り、日本歴代5位、日本学生新記録となる9分39秒86をマーク。だが、「最低でも3位に入らないといけなかったし、4年間で9分39秒で止まってしまった」と納得がいかなかったという。

「悔しいですが、もう一度やってやろうと思えた。1、2年生の時のように自分でレースを作れるようにしたいです」と語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com