月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子20km競歩の髙橋英輝は中盤から遅れ29着でフィニッシュ/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子20km競歩。4回目の世界選手権出場となった髙橋英輝(富士通)は1時間26分46秒の29着でフィニッシュした。

競歩チーム最年長29歳の髙橋は7km過ぎまで先頭集団を歩いていたものの、中盤以降はペースを落とした。終盤でも順位を下げ、山西からは7分以上遅れてのゴールとなった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com