月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

U20世界選手権1500m代表の大塚直哉が左脛疲労骨折で出場辞退


日本陸連は7月15日、U20世界選手権(8月1日~6日/コロンビア・カリ)男子1500m代表の大塚直哉選手(立大)が、左脛の疲労骨折で同選手権の出場を辞退すると発表した。大塚の出場辞退による新たな代表選手の追加はない。

大塚は愛知・豊川高2年時の2020年全国高校大会で優勝。この春に立大に入学すると、4月下旬に自己ベストの3分44秒47をマークした。その後、5月の関東インカレ(2部)や6月の日本選手権にも出場している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com