月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

サニブラウンが会見「ものすごく楽しみ」100mで「全力出し切って結果を出す」/世界陸上

7月15日に開幕するオレゴン世界選手権の前日会見が現地で行われ、男子100mに出場するサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が登壇した。

23歳にして4回目の世界選手権となるサニブラウン。普段から米国を拠点にしているが、オレゴン入りしてから「選手村の雰囲気はオリンピックに近い。いろんな国の選手がいて、『戻ってきたな』と実感します」。

昨年の東京五輪はヘルニアなどケガの影響で満足のいく状態で臨めず。それだけに、しっかりと挑める世界大会は19年ドーハ以来で「久しぶりでものすごく楽しみ」と笑顔を浮かべる。調子については「良くも悪くもないですが、やるべきことをやるだけ。自分の走りをしたい」と冷静に語った。

世界選手権ではこれまで200mで7位入賞など実績を誇るが、100mでは2回出場して「不完全燃焼に終わっている」。過去2回はいずれも準決勝に進出したものの、17年ロンドンではスタートでややバランスを崩し、19年ドーハはスタートの号砲が聞こえづらく遅れてしまった。それだけに「全力を出し切って結果を出したい」と強い決意を語った。

100m予選は日本時間16日午前10時50分からスタート。サニブラウンと坂井隆一郎(大阪ガス)の2名が出場する。

※一部誤りを修正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com