月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ミズノが短距離スパイク「クロノインクス」の25周年記念モデル発売!


ミズノは、1997年の発売以降、多くのスプリンターの足元を支えてきた短距離スパイク「クロノインクス」の25周年記念モデルを数量限定で販売することを発表した。

クロノインクスは25年の歴史の中で、大きなモデルチェンジを4回行い、発売当初は足をフルに覆うアッパー構造。2001年からは軽量化と足へのフィット感向上を両立したスケルトン構造が採用され、現在のスタイルとなった。また最大の特長であるプレートは、トップスプリンターの足にかかる荷重位置を計測し、地面へ効率良く力を伝える固定式スパイクピンのロングプレートを採用し続けている。

これまで、ミズノに所属する選手が7回(リレー種目含む)日本記録を樹立するなど、日本の陸上界にも大きく貢献しており、オレゴン世界選手権にも出場する飯塚翔太は「自分が高校のときから愛用しているクロノインクスで世界の舞台を走れるというのはすごく楽しいし、ワクワクします」と話す。

また、同じく世界選手権代表の兒玉芽生は「ミズノで活躍されている選手が世界大会で活躍されている姿を見てきているので、今こうやって同じスパイクを履けていることが嬉しいです。先輩たちに負けないように世界にアピールしたい」と、クロノインクスへの思いを語っている。

25周年の記念モデルはソールと、アッパーのシューズラインなどにシルバーカラーを用いたもので、8月下旬からミズノ品取扱店、ミズノ公式オンラインで順次発売される。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com