月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

スリランカのアベイクーンが100mでアジア歴代4位の9秒96! 200mではメナが19秒63/WAコンチネンタルツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

7月4日、WA(世界陸連)コンチネンタルツアー・チャレンジの大会がラ・ショー・ド・フォン (スイス)で行われ、男子100m(+1.6)はY.アベイクーン(スリランカ)がアジア歴代4位の9秒96で制した。

アベイクーンは1994年生まれの27歳。18歳の時に南アジア・ジュニア選手権の代表になるなど、国内では早くから注目されていた選手。15年からはイタリアを拠点として活動を続け、昨年の東京五輪にも出場している。

昨シーズンまでのベストは10秒15だったが、今季は5月の競技会で10秒06(-0.2)と自己新をマーク。6月にはスリランカ人として初めてダイヤモンドリーグ(DL)に出場し、オスロ大会では10秒16(+0.5)で5位となり、6位のサニブラウン・A・ハキーム(タンブルウィードTC)に先着するなど、結果を残している。DLストックホルム大会では10秒21(-0.5)で4位となり、世界ランキング上位者として今月のオレゴン世界選手権の出場権を獲得した。

男子200mではR.メナ(キューバ)が19秒63(+1.2)のナショナルレコードで優勝。メナは2013年のU18世界選手権100m、200mの2種目で銅メダルを獲得している25歳。100mでも9秒99の自己新をマークしている。

このほか、3日にアトランタ(米国)で開催された競技会の男子400mでは16年リオ五輪金メダリストでこの種目の世界記録保持者(43秒03、16年)のW.ファン・ニーケアク(南アフリカ)が44秒58で優勝。今季は5月末に200mに出場したが途中棄権、この種目に出場するのは今季初めてだった。

■男子100mアジア10傑[2022.7.3時点]
9.83 0.9 蘇 炳 添(中国)          2021. 8. 1
9.91 1.8 F.オグノデ(カタール)       2015. 6. 4
9.95 2.0 山縣亮太(日本)          2021. 6. 6
9.96 1.6 Y.アベイクーン(スリランカ)    2018. 6.19
9.97 0.9 謝震業(中国)           2018. 6.19
9.97 1.7 B.アル・ハルティ(オマーン)    2018. 7. 9
9.97 0.8 サニブラウン・A・ハキーム(日本) 2019. 6. 7
9.98 1.8 桐生祥秀(日本)          2017. 9. 9
9.98 0.5 小池祐貴(日本)          2019. 7.20
9.99 0.9 S.フランシス(カタール)      2007. 7.26

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com