月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子三段跳のディアスが今季世界最高の17m93wのビッグジャンプ 100m五輪金のジェイコブスはケガから復帰


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
今週末は各国で選手権大会が行われ、多数の好記録が生まれた。

24日から26日まで行われたスペイン選手権ではドーハ世界選手権8位のJ.A.ディアスが17m93(+2.5)で優勝。公認では17m87(+1.2)の今季世界最高をマーク、ナショナルレコードを樹立した。ジュニア時代から世界大会で活躍するデイアスは昨年、キューバからスペインに亡命。今年に入ってからスペイン国籍を取得したため、世界陸連のルールで来月のオレゴン世界選手権には出場できない。

また、同日のイタリア選手権では男子100m東京五輪金メダリストのL.M.ジェイコブスが10秒12(+0.9)で制覇。5月に筋肉を負傷して約1ヵ月間、レースから離れていたが無事復帰した。女子走高跳はE.バロルティガラが1m98で勝っている。

同じ日程で行われていた英国選手権では女子100m東京五輪8位のD.ニータが10秒80(+3.9)で勝利。同200mも19年ドーハ世界選手権金のD.アッシャー・スミスを抑えて22秒34 (+3.5)で勝ち、2冠を獲得した。200mでは有効期限内に公認での世界選手権参加標準記録を突破していないが、100mでは出場権を手にしている。英国の女子4×100mリレーは世界選手権で2大会連続で銀メダルを獲得しており、オレゴンでもチームの中心を担うことになりそうだ。

男子800mはM.バージンが1分44秒54で優勝。バージンは今月上旬に今季世界最高の1分43秒52をマークしている。男子100mは追い風2.5mの中行われ、J.アズが9秒90で制覇。2位R.プレスコッドが9秒94、3位Z.ヒューズが9秒97と、参考記録ながら上位3名が9秒台をマークした。

24、25日のスイス選手権は今年の世界室内選手権60m金メダルのカンブンジがナショナルレコードを更新する10秒89(+0.6)の自己新で快勝。22日から26日にかけて行われたカナダ選手権では女子砲丸投のS.ミットンがナショナルレコードの20m33で勝った。

また、ケニアでは世界選手権と英連邦大会のトライアル大会が行われ、男子800mではW.キニヤマルが1分43秒55で優勝。この種目で東京五輪金メダルのE.コリルは800mに出場しなかたが、400mを44秒87でV。世界選手権には400mと800mの代表に決まった。女子800mはM.モラーが自己新の1分57秒45で勝利。400mも50秒84のナショナルレコードで制した。男子500mはN.キメリが13分28秒76で快勝。女子10000mは世界選手権5000m2連覇中のH.オビリが31分49秒55で勝った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com