HOME ニュース、海外

2022.06.27

ジャクソンが女子200mで世界歴代3位の21秒55! 男子100mはブレイクが復活の9秒85/ジャマイカ選手権
ジャクソンが女子200mで世界歴代3位の21秒55! 男子100mはブレイクが復活の9秒85/ジャマイカ選手権


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
6月23日から26日にかけてジャマイカ選手権が行われ、女子短距離では東京五輪で100m銅メダリストのS.ジャクソンが200mで世界歴代3位の21秒55(±0)をマークして圧勝。100mも10秒77(+0.9)で制し、女子スプリント2冠を達成した。

東京五輪金のE.トンプソン・ヘラー、同銀のS.A.フレイザー・プライスも出場した200mはスタートからリードを奪い、これまでジャマイカの女子スプリントを牽引してきた2人に大差をつける金星。トンプソン・ヘラーは22秒05で2位、フレイザー・プライスは22秒14で3位だった。また、100mではジャクソンに次ぎK.ネルソンが10秒88の自己新で2位。トンプソン・ヘラーは10秒89の3位に敗れ、19年ドーハ世界選手権で優勝してワイルドカードを持つフレイザー・プライスがは準決勝で途中棄権している。

広告の下にコンテンツが続きます

男子100mでは11年テグ世界選手権の金メダリストの32歳・Y.ブレイクが2012年以来、10年ぶりの9秒90切りとなる9秒85(+1.0)で優勝。O.セビリーが自己新の9秒88で2位に続いた。

男子110mハードルは東京五輪金メダルのH.パーチメントが13秒14(+1.0)で快勝。女子100mハードルは東京五輪8位のB.アンダーソンが12秒53(+0.6)で制し、東京五輪銅メダルのM.タッパーが12秒60で2位、15年北京世界選手権金メダルのD.ウィリアムズが12秒66で3位に続いた。

■女子200m世界歴代10傑[2022.6.27時点]
21.34  1.3 F.グリフィス・ジョイナー(米国)   1988. 9.29
21.53  0.8 E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ) 2021. 8. 3
21.55  0.0 S.ジャクソン(ジャマイカ)     2022. 6.26
21.61  1.3 G.トーマス(米国)         2021. 6.26
21.62 -0.6 M.ジョーンズ(米国)        1998. 9.11
21.63  0.2 D.シュキッパーズ(オランダ)    2015. 8.28
21.64  0.8 M.オッティ(ジャマイカ)      1991. 9.13
21.69  1.0 A.フェリックス(米国)       2012. 6.30
21.71  0.7 M.コッホ(東ドイツ)        1979. 6.10
21.71  1.2 H.ダウテ/ドレクスラー(東ドイツ) 1986. 6.29

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 6月23日から26日にかけてジャマイカ選手権が行われ、女子短距離では東京五輪で100m銅メダリストのS.ジャクソンが200mで世界歴代3位の21秒55(±0)をマークして圧勝。100mも10秒77(+0.9)で制し、女子スプリント2冠を達成した。 東京五輪金のE.トンプソン・ヘラー、同銀のS.A.フレイザー・プライスも出場した200mはスタートからリードを奪い、これまでジャマイカの女子スプリントを牽引してきた2人に大差をつける金星。トンプソン・ヘラーは22秒05で2位、フレイザー・プライスは22秒14で3位だった。また、100mではジャクソンに次ぎK.ネルソンが10秒88の自己新で2位。トンプソン・ヘラーは10秒89の3位に敗れ、19年ドーハ世界選手権で優勝してワイルドカードを持つフレイザー・プライスがは準決勝で途中棄権している。 男子100mでは11年テグ世界選手権の金メダリストの32歳・Y.ブレイクが2012年以来、10年ぶりの9秒90切りとなる9秒85(+1.0)で優勝。O.セビリーが自己新の9秒88で2位に続いた。 男子110mハードルは東京五輪金メダルのH.パーチメントが13秒14(+1.0)で快勝。女子100mハードルは東京五輪8位のB.アンダーソンが12秒53(+0.6)で制し、東京五輪銅メダルのM.タッパーが12秒60で2位、15年北京世界選手権金メダルのD.ウィリアムズが12秒66で3位に続いた。 ■女子200m世界歴代10傑[2022.6.27時点] 21.34  1.3 F.グリフィス・ジョイナー(米国)   1988. 9.29 21.53  0.8 E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ) 2021. 8. 3 21.55  0.0 S.ジャクソン(ジャマイカ)     2022. 6.26 21.61  1.3 G.トーマス(米国)         2021. 6.26 21.62 -0.6 M.ジョーンズ(米国)        1998. 9.11 21.63  0.2 D.シュキッパーズ(オランダ)    2015. 8.28 21.64  0.8 M.オッティ(ジャマイカ)      1991. 9.13 21.69  1.0 A.フェリックス(米国)       2012. 6.30 21.71  0.7 M.コッホ(東ドイツ)        1979. 6.10 21.71  1.2 H.ダウテ/ドレクスラー(東ドイツ) 1986. 6.29

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top