月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ジャクソンが女子200mで世界歴代3位の21秒55! 男子100mはブレイクが復活の9秒85/ジャマイカ選手権


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
6月23日から26日にかけてジャマイカ選手権が行われ、女子短距離では東京五輪で100m銅メダリストのS.ジャクソンが200mで世界歴代3位の21秒55(±0)をマークして圧勝。100mも10秒77(+0.9)で制し、女子スプリント2冠を達成した。

東京五輪金のE.トンプソン・ヘラー、同銀のS.A.フレイザー・プライスも出場した200mはスタートからリードを奪い、これまでジャマイカの女子スプリントを牽引してきた2人に大差をつける金星。トンプソン・ヘラーは22秒05で2位、フレイザー・プライスは22秒14で3位だった。また、100mではジャクソンに次ぎK.ネルソンが10秒88の自己新で2位。トンプソン・ヘラーは10秒89の3位に敗れ、19年ドーハ世界選手権で優勝してワイルドカードを持つフレイザー・プライスがは準決勝で途中棄権している。

男子100mでは11年テグ世界選手権の金メダリストの32歳・Y.ブレイクが2012年以来、10年ぶりの9秒90切りとなる9秒85(+1.0)で優勝。O.セビリーが自己新の9秒88で2位に続いた。

男子110mハードルは東京五輪金メダルのH.パーチメントが13秒14(+1.0)で快勝。女子100mハードルは東京五輪8位のB.アンダーソンが12秒53(+0.6)で制し、東京五輪銅メダルのM.タッパーが12秒60で2位、15年北京世界選手権金メダルのD.ウィリアムズが12秒66で3位に続いた。

■女子200m世界歴代10傑[2022.6.27時点]
21.34  1.3 F.グリフィス・ジョイナー(米国)   1988. 9.29
21.53  0.8 E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ) 2021. 8. 3
21.55  0.0 S.ジャクソン(ジャマイカ)     2022. 6.26
21.61  1.3 G.トーマス(米国)         2021. 6.26
21.62 -0.6 M.ジョーンズ(米国)        1998. 9.11
21.63  0.2 D.シュキッパーズ(オランダ)    2015. 8.28
21.64  0.8 M.オッティ(ジャマイカ)      1991. 9.13
21.69  1.0 A.フェリックス(米国)       2012. 6.30
21.71  0.7 M.コッホ(東ドイツ)        1979. 6.10
21.71  1.2 H.ダウテ/ドレクスラー(東ドイツ) 1986. 6.29

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com