月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子100mH予選で福部真子が日本歴代3位の12秒93! 日本記録保持者・青木も12秒97/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

午前中の女子100mハードル予選3組に、日本選手権優勝の福部真子(日本建設工業)が出場し、日本歴代3位となる12秒93(+1.7)をマーク。日本人3人目の12秒台、そして7月のオレゴン世界選手権の参加標準記録(12秒84)まであと0.09秒に迫った。

また、予選5組では12秒86の日本記録を持つ青木益美(七十七銀行)が12秒97(+0.7)で1着。決勝に駒を進めた。

女子100mハードル決勝は14時25分から行われる。

■女子100mH日本歴代10傑
12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10
12.87  0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021. 6. 1
12.93  1.7 福部 真子(日本建設工業)    2022. 6.26
13.00  0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16
13.00  1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6
13.02  1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29
13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8
13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)     2013. 6. 8
13.08  0.2 石野 真美(長谷川体育施設)   2006.10.22
13.12  0.3 田中 佑美(富士通)       2022. 6.10

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com