月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

石川周平110mH13秒58で優勝 ディーン元気はやり投82m03で5位/WAコンチネンタルツアー


世界陸連コンチネンタルツアー(シルバー)のクオルターネ・ゲームスが6月18日、フィンランドのクオルターネで行われ、日本からは4選手が出場。男子110mハードルでは、日本選手権3位の石川周平(富士通)が13秒58(+0.9)で制した。

また、男子やり投では日本選手権王者のディーン元気(ミズノ)が82m03で5位。優勝は86m69を放った東京五輪金メダリストのN.チョプラ(インド)だった。女子やり投の佐藤友佳(ニコニコのり)は47m09で11位。勝ったのはE.グリードル(カナダ)で、63m33をマークした。

男子400mハードルには豊田将樹(富士通)が出場。豊田のSNSによると、2位でフィニッシュした模様だが、計測機材にトラブルがあったようでタイムは判明していない。

この他、男子円盤投では東京五輪金メダリストのD.ストール(スウェーデン)が66m26でV。女子棒高跳では東京五輪5位タイのW.ムルト(フィンランド)が4m60で制した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com