月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子ハンマー投世界記録保持者のヴォダルチクが今季全試合欠場 車上荒らし捕獲時に負傷


女子ハンマー投世界記録保持者のアニタ・ヴォダルチク(ポーランド)が、左脚の筋断裂のため世界選手権を含む今季の競技会には出場しないことを自身のSNSで発表した。今月はじめに自身の車に侵入しようとした車上荒らしを捕まえた際に負傷し、手術を受けていた。

ヴォダルチクは現在36歳で、2016年には82m98の世界記録を樹立している。12年ロンドン五輪、16年リオ五輪、そして東京五輪でも金メダルを獲得し、女子陸上選手として初めて五輪3連覇を達成した。世界選手権は09年ベルリン大会から17年ロンドン大会まで4大会連続で金メダル。19年に膝の手術を受け、約2年間競技会に出場していなかったが、昨年復帰していた。今季は5月に世界ランキング2位の78m06をマークしていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com