月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

第一工科大が2年連続26回目の本大会出場決める/全日本大学駅伝九州地区選考会


秩父宮賜杯第54回全日本大学駅伝対校選手権大会九州地区選考会が6月19日、福岡県久留米市の久留米スポーツセンター陸上競技場で行われ、第一工科大が2年連続26回目の本大会出場権を手にした。

選考会は各大学最大10人のエントリーが可能。10000mのトラックレースを3組で実施し、各大学上位8人の合計タイムで、最も速かった1大学に全日本の出場権が得られる。今回は8大学がエントリー(うち1大学はエントリー選手が1人)。気温が30度を超える暑さの中でレースが行われた。

第一工科大は3組に出場したアニーダ・サレーが総合トップの28分48秒59をマーク。2位に2分45秒20差をつけた。さらに総合3位に31分36秒33で谷口一希、総合4位に31分49秒99で金丸翔星が入るなど、他の選手も手堅くまとめた。

全日本大学駅伝は11月6日、愛知県名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106.8kmのコースで行われる。

■全日本大学駅伝九州地区選考会 総合成績
1位 第一工科大 4時間13分48秒43
―以上、本大会出場―
2位 福岡大   4時間19分51秒84
3位 鹿児島大  4時間23分50秒96
4位 日本文理大 4時間24分44秒90
5位 九大    4時間29分56秒50
6位 長崎国際大 4時間29分59秒87

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com