HOME 高校

2022.06.17

武田莉奈がIH未実施種目の2000m障害で高校最高の6分35秒94/IH東北大会
武田莉奈がIH未実施種目の2000m障害で高校最高の6分35秒94/IH東北大会


◇インターハイ東北大会(6月14日~17日/青森市)

夏のインターハイを懸けた地区予選となる東北大会(青森市・新青森県総合運動公園陸上競技場)3日目の6月16日、インターハイ非実施種目の女子2000m障害(オープン種目)で武田莉奈(仙台育英3宮城)が6分35秒94の高校最高記録を樹立した。従来の高校最高は、2014年に島田美穂(山梨学院)が打ち立てた6分36秒81。

武田は序盤から飛び出すと、1000mを3分17秒で通過。後半もそのペースを維持し、8年ぶりの高校最高記録更新につなげた。「最後の障害を越えた後に、タイムを見て高校最高を出せると思いました。出すことができて良かったです」。

この種目に取り組んだのは昨年から。「興味があったので始めました。障害を跳ぶ様子を見ていた先生などから『いいんじゃないか』と言っていただきました」。昨年の自己ベストは6分52秒26だったが、今季は5月中旬の県大会で6分42秒02と記録を短縮。「東北大会では高校最高を狙っていました。ただ、本当に出るとは思わなかったです」と声を弾ませた。

インターハイの実施種目でないため、武田にとって2000m障害はこのレースが高校最後。駅伝チームの副主将を務める武田は「これからは駅伝に向けてがんばっていきたい」と力を込めた。昨年の全国高校駅伝には8人の登録メンバーに入ったものの、レース当日は補欠に回って全国制覇をサポート。「今回は5人の中に入りたいです。そのために3000mの自己ベスト(9分38秒65)を更新して9分10秒台を目指したい」と意気込んだ。

◇インターハイ東北大会(6月14日~17日/青森市) 夏のインターハイを懸けた地区予選となる東北大会(青森市・新青森県総合運動公園陸上競技場)3日目の6月16日、インターハイ非実施種目の女子2000m障害(オープン種目)で武田莉奈(仙台育英3宮城)が6分35秒94の高校最高記録を樹立した。従来の高校最高は、2014年に島田美穂(山梨学院)が打ち立てた6分36秒81。 武田は序盤から飛び出すと、1000mを3分17秒で通過。後半もそのペースを維持し、8年ぶりの高校最高記録更新につなげた。「最後の障害を越えた後に、タイムを見て高校最高を出せると思いました。出すことができて良かったです」。 この種目に取り組んだのは昨年から。「興味があったので始めました。障害を跳ぶ様子を見ていた先生などから『いいんじゃないか』と言っていただきました」。昨年の自己ベストは6分52秒26だったが、今季は5月中旬の県大会で6分42秒02と記録を短縮。「東北大会では高校最高を狙っていました。ただ、本当に出るとは思わなかったです」と声を弾ませた。 インターハイの実施種目でないため、武田にとって2000m障害はこのレースが高校最後。駅伝チームの副主将を務める武田は「これからは駅伝に向けてがんばっていきたい」と力を込めた。昨年の全国高校駅伝には8人の登録メンバーに入ったものの、レース当日は補欠に回って全国制覇をサポート。「今回は5人の中に入りたいです。そのために3000mの自己ベスト(9分38秒65)を更新して9分10秒台を目指したい」と意気込んだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top