月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

武田莉奈がIH未実施種目の2000m障害で高校最高の6分35秒94/IH東北大会


◇インターハイ東北大会(6月14日~17日/青森市)

夏のインターハイを懸けた地区予選となる東北大会(青森市・新青森県総合運動公園陸上競技場)3日目の6月16日、インターハイ非実施種目の女子2000m障害(オープン種目)で武田莉奈(仙台育英3宮城)が6分35秒94の高校最高記録を樹立した。従来の高校最高は、2014年に島田美穂(山梨学院)が打ち立てた6分36秒81。

武田は序盤から飛び出すと、1000mを3分17秒で通過。後半もそのペースを維持し、8年ぶりの高校最高記録更新につなげた。「最後の障害を越えた後に、タイムを見て高校最高を出せると思いました。出すことができて良かったです」。

この種目に取り組んだのは昨年から。「興味があったので始めました。障害を跳ぶ様子を見ていた先生などから『いいんじゃないか』と言っていただきました」。昨年の自己ベストは6分52秒26だったが、今季は5月中旬の県大会で6分42秒02と記録を短縮。「東北大会では高校最高を狙っていました。ただ、本当に出るとは思わなかったです」と声を弾ませた。

インターハイの実施種目でないため、武田にとって2000m障害はこのレースが高校最後。駅伝チームの副主将を務める武田は「これからは駅伝に向けてがんばっていきたい」と力を込めた。昨年の全国高校駅伝には8人の登録メンバーに入ったものの、レース当日は補欠に回って全国制覇をサポート。「今回は5人の中に入りたいです。そのために3000mの自己ベスト(9分38秒65)を更新して9分10秒台を目指したい」と意気込んだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com