月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸上代表・サニブラウンがDLオスロ100m10秒18で6位 日本選手権後すぐ離日

今年の日本選手権100mを制し、オレゴン世界選手権代表に内定したサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)がダイヤモンドリーグ(DL)オスロ大会100mに出場。10秒18(+0.5)をマークして6位だった。

サニブラウンは日本選手権の準決勝で10秒04(+0.8)をマークして世界選手権の参加標準記録(10秒05)を突破。3年ぶり3度目の優勝を果たして代表に内定した。決勝から2日後の6月12日に渡欧。ダイヤモンドリーグには16、17年の上海に出場しているが、リーグポイントが加算されるダイヤモンドレースはこれが初めてだった。

レースはカナダのアンドレ・デグラスが10秒05で制している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com