月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

慶大競走部監督に鹿又理氏が就任!日本選手権200m準Vの実績

慶大競走部は2017年から監督を務めていた鈴木岳生氏が退任し、鹿又理氏が新監督に就任したことを発表した。

鹿又氏は1990年に慶大法学部に入学。在学中は主将を務め、日本選手権200mで準優勝、日本インカレでは4x100mリレー優勝、同200m準優勝、国体100m準優勝などの実績を残した。

卒業後は競技から離れ、会社員として海外勤務などをする傍ら、2009年からは同大競走部短距離強化委員を務め、男子短距離の山縣亮太(セイコー)、小池祐貴(住友電工)らが在学中からその活躍をサポートしていた。

「陸上競技は個人の素質と努力が表面化しやすいスポーツですが、多くの仲間やスタッフ、そしてライバルがいるお陰でスタートラインに立てることを忘れてはいけません。競走部の部員は、多くの人との出会いを通じて、これからを生きる上で重要な『努力の大切さ』『結果の厳しさ』『仲間の尊さ』を学ぶことになるでしょう。進んで鍛錬の道を選ぶ者が集い、選手、スタッフ、指導者、OBOG など全ての関係者が半学半教の精神で無限の可能性を信じて学び、巣立っていく、これからの慶應義塾体育会競走部に、どうぞご期待下さい」とコメントした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com