月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走高跳・戸邉直人がアキレス腱断裂で手術「必ず復帰します」日本選手権当日の練習で負傷

男子走高跳の日本記録保持者・戸邉直人(JAL)が自身のSNSを16日に更新。日本選手権の公式練習中にアキレス腱を断裂していたことを明かした。

戸邉は先週の日本選手権を急きょ欠場。当日は主催者を通じて「アキレス腱に損傷があるため」とし、近隣の病院で診察と処置を受け、翌日(10日)に東京で詳しい検査を受けると発表されていた。その後、手術して「本日退院しました」と16日に退院したことを明かした。

また、「どれだけ時間がかかるかわかりませんが、必ず復帰します」と決意を語っている。

戸邉は2m35の日本記録保持者で、昨年の東京五輪では日本勢49年ぶりの決勝に進出。今季はアキレス腱の違和感に悩まされていた。戸邉は現在、ワールドランキングでオレゴン世界選手権の出場圏内にランクインしているが権利を得ても出場は難しい状況となりそうだ。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com