月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

BROOKSからスピード系ハイエンドモデル「HYPERION ELITE 3」が発売!/PR


米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、次世代開発チーム「ブルーライン」が手掛けるスピード系ハイエンドモデル「HYPERION ELITE」の第3世代モデル「HYPERION ELITE 3(ハイペリオン エリート 3」をブルックス公式サイトと一部店舗にて6月17日(金)より限定発売する。

HYPERION ELITEシリーズは、「速さ×安定感」をコンセプトに世界のトップランナーとともに開発したトップモデル。ミッドソールには軽量かつ抜群の安定性と反発力を合わせ持つ素材「DNA FLASH」を採用し、可変式カーボンプレートを搭載している。

HYPERION ELITE 3は従来モデルから快適なフィット感と通気性が持続する仕様へと大きくアップデートした。アッパーと踵、タンは優しく包み込みながらもしっかりと固定できる構造へ、シューレースは100%リサイクルポリエステル素材を使用し、適所で保持される設計の新しいデザインのシューレースを採用した。フィット性を高めながらも通気性を向上させることでフルマラソンでも後半粘れる余裕を生み出し、ひと味違うスピードと安定感を提供する。


昨年4月にオレゴン州で開催された「BROOKS 50K Marathon」では、2018年のボストン・マラソンの女子優勝者であるデジレ・リンデン選手がこの「HYPERION ELITE 3」を着用し、50㎞の世界記録(2時間59分54秒)を更新。従来の記録(3時間7分20秒)から約7分も短縮し、リンデン選手は50㎞を3時間以内に走った世界初の女性ランナーとなった。

HYPERION ELITE3(ハイペリオン エリート 3)の特性

1.軽量かつレスポンス抜群の素材「DNA FLASH」にカーボンプレートを搭載
ミッドソールには液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡し、成型しているミッドソール素材「DNA FLASH」を採用。一般ソールに比べて32%軽量化、18%ソフト化、反発性は22%アップし、軽量性、クッション性、反発性の3つをバランス良く兼ね備えている。そのミッドソール素材に安定性と反発力を合わせ持つ可変式カーボンプレートを内蔵。底面を広く設計したことによって生まれた接地と蹴り出しの安定感と軽快感がランナーのポテンシャルを最大限に引き出す。
2.ランニングエネルギーを効率化
理想的なフォームで走り続けることを可能にし、レース後半でも粘れる余裕を生み出してくれる軽量かつレスポンスの良い走り心地とソフトなクッション性を実現したDNA FLASHとブルックス独自のカーボンプレートのコンビネーションにより、さらなる安定感とスピードを可能に。
3.フィット感と通気性が向上
踵の形状、タング部分、アッパーの仕様を刷新し、前作よりもフィット感と通気性が向上。
4.新構造のシューレース
シューレースは100%リサイクルポリエステルを採用。適所なところでしっかり保持される設計で、自己ベストへ挑む大切なレース時でも足を快適に保つ。

【BROOKSについて】

1914年創業の100年を超える歴史を持つ全米シェア№1のランニングシューズブランド。ランニングシューズ界では今でこそ当たり前となったEVA搭載シューズを1975年に開発し、シューズ界の“スタンダード”を確立するなど、数々の革新的技術を搭載したランニングシューズで、ビギナーからトップアスリートまで、数多くのランナーをサポートするとともに今もなお革新性に挑み続ける。
“RUN HAPPY(すべてのランナーに走る喜びを)”をブランドメッセージに、ランニングがライフスタイルとして根付く米国で最も支持されているブランドであり、製造工程におけるブルーサイン認証の取得や昨今の環境問題にも配慮したミッドソールの開発など、サステナブルな取り組みも高く評価されている。

<関連リンク>
BROOKS(公式サイト)
アキレス(日本国内のBROOKSシューズ総販売代理店)

<関連記事>
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! BROOKS「Hyperion Elite(ハイペリオン エリート)2」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! BROOKSの「HYPERION TEMPO(ハイペリオンテンポ)」
「MEDIFOAM」と「BROOKS」を展開 アキレスにとっての〝シューズ事業〟とは/PR

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com