月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が驚異の2冠獲得!! 3種目5レースの過酷日程で快挙のオレゴン代表内定!2位の廣中も代表入り/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権最終日に行われた女子5000mは、標準突破者5人が出場するなか、田中希実(豊田自動織機)が15分05秒61で1500mとの2冠に輝き、2種目めの代表内定をつかんだ。1500mとの2冠は97年の市川良子以来25年ぶり。田中は約1時間前に走った800mでも2位に入っており、優勝した1500mの2本と合わせて5レースを見事に走り切った。

2位の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)も代表に内定。3位はすでに10000mで代表入りしている五島莉乃(資生堂)が入ったが、15秒13秒53で標準記録(15分10秒00)にあと一歩届かず2種目目の即時内定はならなかった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com