月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH黒川和樹が連覇でオレゴン切符!「自分のレースをしてファイナルに」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた男子400mハードル決勝は、黒川和樹(法大)が48秒89で連覇。2度目のオレゴン世界選手権の参加標準記録(48秒90)を突破し、日本代表に内定した。

黒川は得意の前半から飛ばすと、今課題としている歩数を切り替える6、7台目でもスムーズに流れを作って後半へ。最後の10台目が「うまくいかなかった」と振り返るが、最後まで後続を寄せつけず。連覇達成で初の世界選手権代表に内定した。

「雨というコンディションで48秒台を出せたのは良かった」と黒川。岸本鷹幸(富士通)や豊田将樹(同)ら法大の先輩勢がいることで「怖さもありました」というものの、「自分の走りをすれば行ける」と自信を持って走り抜けた。

昨年の東京五輪では海外選手の雰囲気にのまれて自分の走りができなかった黒川。その経験を経たことで、昨年までは「吐きそう」と連呼していた日本選手権でも「楽しむ余裕ができた」。世界選手権に向けて「前半から行く自分の走りをして、後半耐える。ファイナルを目指します」。若きハードラーが2度目の世界へと挑戦する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com