月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH村竹ラシッドが準決勝で13秒50!予選で世界選手権標準突破済み「この日のために練習してきた」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた男子110mハードル準決勝2組に、村竹ラシッド(順大)が出場して13秒50(−0.4)の組2着で決勝進出を決めた。

村竹は予選でオレゴン世界選手権の参加標準記録(13秒32)を突破する13秒27(+0.5)をマーク。「気持ち良く走るつもりが、スピードが出過ぎて出てしまいました」と想定外のタイムだったという。

準決勝では5台目以降から「スピードに乗れました」というが「少しバランスを崩してしまいました」と石川周平(富士通)に先着を許した。昨年の日本選手権でも参加標準記録を突破しながら決勝で不正スタート失格となっており、「昨年は自分がオリンピックの近くまできたと思っていなかったので、余裕がなかったです」。決勝に向けては「この日のために練習してきた」と強く語った。

13秒48のトップでフィニッシュした石川は「最低限のいい状態にはきています」と言い、「決勝では(世界選手権の)標準突破と順位、どちらも狙っていきたいと思っています」と世界選手権の代表を狙って挑んでいく。

村竹は決勝で3位以内に入れば代表に内定する。決勝は12日の16時50分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com