月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH宇都宮絵莉が57秒16で予選全体トップ「感覚悪くない」 連覇狙う山本亜美も組トップ/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に女子400mハードル予選が行われた。

1組に入った宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が57秒16で全体トップ。「予選はしっかり通過して明日につなげる」と振り返り、「感覚は悪くない。決勝は欲張りすぎず、自己ベスト更新と優勝を狙って集中していきたいです」と語った。

前回優勝の山本亜美(立命大)は2組で57秒34をマークして1着。「予選は落ち着いて走れました。勝負は明日。調子は悪くないのでしっかり仕上げて優勝狙いながら、楽しんでタイムも狙いたいです」と意気込みを語った。

決勝は12日の16時05分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com