月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

靱帯断裂から復帰の村上来花がU20で初V 「ここから自己ベストを更新できるよう調子を上げていきたい」/U20日本選手権


◇第38回U20日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 2日目

U20日本選手権の女子ハンマー投は、62m88のU20&18および高校記録保持者でもある村上来花(九州共立大)が1投目に、これまでの大会記録を1m45cmも更新する59m43を投げ大会初Vを果たした。一昨年、昨年はシニア選手が出場する日本選手権に挑み、5、3位に食い込んでいるが、U20には今回が初参加。今季初の60mにはわずかに届かなったものの「まだU20のタイトルを取っていませんでしたし、昨年(不参加のため)出場できなかったU20世界選手権の選考もかかっていたので、こちらに出場しました。今季ベストで、今出せる力は発揮できたと思います」と笑顔で振り返る。

昨年の11月に膝の靭帯を断裂する大ケガを負い、この冬はリハビリ生活を続けてきたという村上。「その際、コツコツ筋トレや基礎練習に取り組む中で精神面が強くなったと思います」と、周囲も驚く回復力で早期に復帰。最初は少し戸惑ったという進学による環境の変化にも慣れ、「練習も前向きに取り組めており、ここにきて記録も安定してきているので、ここから自己ベストを更新できるよう調子を上げていきたい」と意気込みを口にする。

今回は、1投目にV記録を残すなど集中力の高さを見せたが、「調子も良かったので投げようと気持ちが入った2投目以降、上半身に力みが出て、力点がズレて全部右に出てしまったのが反省点」と、久々の優勝にも決して満足はしていない。

今回の活躍でU20世界選手権の代表入りを確実にし、「(コロナなどの)状況にもよりますが選ばれれば、記録や順位というより、現時点での世界との差を確認し、視野を広げるきっかけにしたい」と目を輝かせる。みちのくの大器が大阪でのVをステップに世界に挑む。

2位には54m26で大沢柚月(流経大)が入り、最終6投目に54m11の自己新をマークした高校生の三村啓恵(敦賀高3福井)が3位と健闘。7位に食い込んだ嶋本美海(添上高2奈良)も高2歴代6位となる52m16と気を吐いた。

文/花木 雫

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com