月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪8位の田中希実が4分11秒83で制し、世界陸上代表内定/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

女子1500mは昨年の東京五輪8位・田中希実(豊田自動織機)が4分11秒83で優勝。オレゴン世界選手権代表に内定した。

9日の予選を4分15秒19で通過した田中。決勝はスローペースでレースが進んだが、終始、主導権を握り、他を圧倒した。

田中は兵庫・小野南中3年時の2014年全中1500mで優勝すると、西脇工高時代のインターハイ成績は16年と17年の1500m2位が最高。18年の同志社大入学後は、学連登録せずにクラブチーム所属で試合に出場していた。18年U20世界選手権3000mでは金メダルを獲得。19年世界選手権には5000mで決勝に進み14位だった。

20年には1500mで14年ぶりの日本新となる4分05秒27をマークし、昨年7月に4分04秒08まで短縮した。さらに、東京五輪では予選で4分02秒33を出すと、準決勝では3分59秒19と4分切りを達成して通過。決勝でも再び3分台となる3分59秒95で8位に入り、この種目で日本人初入賞を果たした。3000mでも日本最高記録(8分40秒84)を保持している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com