月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

サニブラウンが100m10秒08で3年ぶり3度目V 世界陸上代表内定!/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

注目の男子100m決勝は、サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08(+1.1)で3年ぶり3回目の優勝を飾り、オレゴン世界選手権代表に内定した。

今大会では9日の予選を10秒11(±0)で通過すると、準決勝では10秒04(+0.8)をマークして世界選手権の参加標準記録(10秒05)を突破。決勝でもその強さを発揮した。

サニブラウンは1999年3月生まれの23歳。東京・城西中3年時の2014年全中では100mで3位、200mで2位に入った。城西高時代は1年時からインターハイ200mで2位に入るなど活躍。2年時の15年には世界ユース選手権では100mと200mをいずれも大会新記録で2冠に輝いた。また、北京世界選手権に200mで出場し、準決勝に進んでいる。

17年には日本選手権で100mと200mの2冠。ロンドン世界選手権200mでは史上最年少で決勝に進み、7位入賞を果たした。その後、フロリダ大に進み、19年には100mで当時の日本記録となる9秒97をマーク。ドーハ世界選手権男子4×100mリレーではアンカーとして日本の銅メダルと日本新記録(37秒43)樹立に貢献した。

19年11月のプロ転向後も、引き続き米国を拠点に活動。昨年の東京五輪では200mに出場して予選落ちだったが、今季は3月中旬の屋外初戦で10秒15をマークするなど、調子を上げていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com