月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400m松本奈菜子が8年ぶりV「川本先生の言葉を胸に」パリ五輪目指す/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の2日目に女子400mが行われ、松本奈菜子(東邦銀行)が53秒03で優勝。浜松市立高3年時以来、8年ぶり2度目の優勝となった。

予選で自身初の52秒台となる52秒74をマークしていた松本。決勝はやや向かい風に苦しんだが、「条件は一緒なので。その中で52秒台を出せるようにならないといけない。実力不足です」と、久しぶりの優勝にも悔しがる。

5月には東邦銀行監督の川本和久監督が他界した。「大学時代はあまり良い成績ではなく、世界を目指すとか言えない存在でしたが、そんな私にも(世界を目指すように)声をかけてくださいました」と松本。「日本一、52秒台を見せるのが少し遅くなったけど、喜んでくださっているかな。もしかすると、『松本、まだまだだよ』っておっしゃっているかも」と笑う。

亡き恩師に捧げた成長の証。「先生の言葉を胸にパリ五輪を目指していきます」と誓っていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com