月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走幅跳・秦澄美鈴が6m43で連覇 世界陸上へ前進「出られるものとして準備」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の初日。女子走幅跳が行われ、秦澄美鈴(シバタ工業)が6m43(-2.5)を跳んで連覇を達成した。

「プランとしては1回目に記録を残して、2回目以降に伸ばしていこうと思った」と秦。その1回目は6m27(+1.5)で「守りに入ってしまった」と振り返る。

3回目に優勝記録を跳んだが、その後は向かい風基調もあって記録を伸ばせず。それでもしっかりと連覇を達成。この結果により、オレゴン世界選手権の参加標準記録(6m82)はクリアしていないがワールドランキングで出場圏内にランクインしており、代表入りの可能性も高い。

「あとは祈るだけですが、出られるものとして準備しています」と秦。初の世界選手権出場となれば、「決勝進出が目標。世界すごい選手たちがいる中で、思いっきりチャレンジする世界選手権にしたいです」と見据えていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com