月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

駒大OBの高林祐介氏が母校のコーチに就任 現役時代は三大駅伝区間賞7回

学生三大駅伝で最多24回の優勝を誇る駒大に、OBの高林祐介氏が6月1日付でコーチに就任したことがわかった。

高林氏は三重・上野工高(現・伊賀白鳳高)3年時の千葉インターハイで1500m優勝。駒大入学後は同期の宇賀地強(現・コニカミノルタ・コーチ)や深津卓也(現・旭化成コーチ)とともに主に駅伝で活躍し、出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝の「学生三大駅伝」では11回出場で7度の区間賞獲得、全日本3連覇(06~08年)、箱根総合優勝(08年)に貢献した華々しいキャリアを持つ。

トヨタ自動車入社1年目の2010年には10000mで27分台(27分56秒46)をマークし、翌年1月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では3区区間新の活躍で初優勝に貢献。16年3月のびわ湖毎日マラソン出場を最後に退部し、第一線から退いていた。

駒大は昨年11月の全日本大学駅伝で2連覇を飾り、今年1月の箱根駅伝でも連覇を逃しながら3位に入っている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com