月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

遠藤日向が日本選手権1500mを欠場 5000mで3位以内に入れば世界選手権代表に

日本陸連は6月1日、第106回日本選手権の欠場選手を発表した。

男子1500mにエントリーしていた遠藤日向(住友電工)が「調整不足のため」欠場。遠藤はオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破している5000mで3位以内に入れば代表に内定する。

また、女子砲丸投で前回2位に入っている大野史佳(埼玉大)が左足首捻挫のため欠場する。

オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた日本選手権は6月9日から12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開催される。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com