月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「伝統の混成競技会」男子十種はワーナーが五輪王者の貫禄V、女子七種はフェッターがオランダ新で制覇/ゲツィス混成


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

5月28~29日、世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドに設定されている伝統の混成競技会がゲツィス(オーストリア)で開催され、男子十種競技は東京五輪金メダルのD.ワーナー(カナダ)が8797点で、女子七種競技は同五輪銀メダルのA.フェッター(オランダ)が今季世界最高、オランダ記録の6693点で優勝した。

男子十種競技では2種目めの走幅跳でS.エホマー(スイス)が8m45(+0.2)の種目別の世界最高記録をマーク。従来の記録は今月上旬に自身が出した8m30で、これを15㎝も更新した。単独種目の記録としても今季世界最高。

この時点でトップに立ったエホマーが首位で1日目を終えたが、2日目最初の種目、110mハードルを13秒48(+1.0)で走ったワーナーが逆転、そのまま逃げ切った。最終種目の1500mで東京五輪7位のL.ヴィクター(グレナダ)が順位を上げて8447点の2位、エホマーは8377点で3位となった。

女子七種競技はフェッターが6種目めのやり投で自己新の59m81を放って2位からトップに浮上し、逆転で制した。2位はA.スウェク(ポーランド)で6429点、V.グリム(ドイツ)が6323点で3位に続いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com