月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

下田裕太が2時間09分50秒で3位 ワイルドカードでのMGC出場権資格を突破/オタワ・マラソン

5月30日(日本時間29日20時)にカナダでオタワ・マラソンが開催され、下田裕太(GMOインターネットグループ)が2時間09分50秒で3位に入った。下田は3月の東京マラソンで2時間8分35秒(19位)をマークしており、ワイルドカード(※)によって2023年秋に開催されるパリ五輪代表選考会「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)」ファイナリストの資格を得た。
※JMC加盟大会(G1~3)及び対象国際大会内で2時間10分00秒以内

下田は青学大時代に箱根駅伝8区で3年連続区間賞の活躍でチームの4連覇に貢献。2年時の東京マラソンでは19歳ながら日本人2番手の2時間11分34秒(10位)をマークするなど、当時からマラソンの適性を発揮していた。自己記録は20年東京でマークした2時間7分27秒。GMO勢のMGCファイナリストは吉田祐也に次ぐ2人目となる。

日本からは男子の大石巧(スズキ)が2時間15分50秒で8位、女子の山口遥(AC KITA)が2時間35分56秒で5位だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com