月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本人の母を持つノーマンが400mDL新記録43秒60で優勝!男子砲丸投は世界記録保持者・クルーザーが貫禄勝ち/DLユージン

5月27~28日、ダイヤモンドリーグ第3戦が米国・オレゴン州が開催され、28日の男子400mでは東京五輪5位のM.ノーマン(米国)が43秒60のダイヤモンドリーグ記録で優勝した。ノーマンの母は、かつて1989年の全中女子100mで11秒96の日本中学記録を樹立した伸江さん(旧姓・斎藤)。

2位には五輪3大会連続メダル(12年ロンドン金、16年リオ銀、21年東京銅)のK.ジェームス(グレナダ)が44秒02で続き、3位のM.ハドソン・スミス(英国)は44秒35で英国記録を更新した。

28日には好記録が多数誕生。男子砲丸投では世界記録保持者のR.クルーザー(米国)が23m02で勝利した。男子400mハードルは東京五輪銅メダルのA.ドス・サントス(ブラジル)が48秒10でV。男子5000mはB.アレガウィ(エチオピア)が12分50秒05の大会記録で勝った。

女子800mでは東京五輪銀メダルのH.ホジキンソン(英国)が1分57秒72で優勝。東京五輪金のA.ムー(米国)も出場予定だったが、新型コロナウイルスの感染により棄権していた。女子3000m障害はN.ジェルトー(カザフスタン/ケニアから国籍変更)が8分57秒97で制した。以上はいずれも今季世界最高だった。

女子スプリントはジャマイカ勢が圧勝。100mでは東京五輪100m、200m金メダルのE.トンプソン・ヘラーが10秒79(+0.7)で優勝。10秒92で2位のS.リチャードソン(米国)に0.13秒の差をつけた。200mは2008年北京五輪、12年ロンドン五輪の100m金メダリストのS.-A.フレイザー・プライスが22秒41(+0.8)で勝利した。

男子100m(-0.2)は15年北京世界選手権銅メダルのT.ブロメル(米国)が9秒93で勝利。男子1マイルには東京五輪1500m金メダルのインゲブリグトセン(ノルウェー)が出場し、3分49秒76で優勝した。

27日は3種目のダイヤモンドリーグ種目が行われ、世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)が5m91で優勝。女子走高跳は19年ドーハ銀メダルのY.マフチフ(ウクライナ)が2m00で、女子円盤投は東京五輪金メダルのV.オールマン(米国)が68m35で制した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com