月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が4分07秒43で15位 五輪連覇のキピエゴンが今季世界最高の3分52秒59/DLユージン

女子1500mの日本記録保持者である田中希実(豊田自動織機)が、世界最高峰のダイヤモンドリーグ・第3戦ユージン大会(THE PREFONTAINE CLASSIC)の1500mに出場。4分07秒43で15位だった。

五輪2連覇のフェイス・キピエゴン(ケニア)ら3分台の自己ベストを持つ選手が15人中10人出場し、田中の自己記録(3分59秒19)は8番手。最初の400mを61秒で通過する世界記録ペースが展開され、キピエゴンが3分52秒59の今季世界最高タイムで優勝した。東京五輪銅メダルのグダフ・ツェガイ(エチオピア)が3分54秒21で2位。田中は今季セカンドベストだったが、上位争いに加わることができなかった。

田中は今季1500m5戦目。国内3戦を経て、5月19日には米国カリフォルニア州のマウントサックで米国陸連ディスタンス・クラシックでシーズンベストの4分06秒35(5位)をマークしていた。

DL3戦ユージン大会 女子1500m上位成績
1 F.KIPYEGON(ケニア)3.52.59
2 G.TSEGAY(エチオピア)3.54.21
3 G.DEBUES-STAFFORD(カナダ)3.58.62
4 S.JOHNSON(米国)3.58.85
5 J.HULL(豪州)3.59.31
6 E.ST.PIERRE(米国)3.59.68
7 F.HAILU(エチオピア)3.59.97
8 W.NANYONDO(ウガンダ)4.00.25

15 田中希実(豊田自動織機)4.07.43

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com