月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権女王・山本亜美が400mH2連覇!今季日本最高の57秒29で2年連続日本一へ「しっかり準備して臨みたい」/関西インカレ


◇第99回関西学生陸上競技対校選手権大会(5月25日~28日/京都・たけびしスタジアム京都)

晴天に恵まれた関西インカレ最終日。女子400mハードルは、昨年の日本選手権覇者・山本亜美(立命大)がセカンドベスト、今季日本最高の57秒29で連覇を果たした。

4レーンからスタートした山本。「木南記念、静岡国際と続いたグランプリシリーズで浮き彫りとなった前半の練習をしっかり積んできました」と話す通り、5台目まで16歩のスイッチで通す前半でしっかりスピードに乗る。そして、得意の後半で他を圧倒した。チームメイトで同期の工藤芽衣が58秒30で2位、辻井美緒(大教大)が58秒60で3位と好タイムで続いたが、その2人にも1秒以上の差を付ける「圧勝」だった。

京都橘高では2年で国体を制し、3年では全国高校大会を制覇した逸材。自己ベストは、昨年の日本選手権の予選で出したU20日本歴代2位の57秒04。決勝でも57秒30と好タイムを並べ、大学1年生にして一躍日本の頂点に立っている。それ以来となる57秒台前半のタイムを、バックストレートが強い向かい風となる悪条件下で出し、「これでやっと自信を持って日本選手権に臨めます。今日は風も強かったので、コンディションさえ整えば56秒台も狙える」と山本は笑顔が弾けた。

前日の予選では「調子も上がってきていたので56秒台を狙うつもりでスタートしましたが、1台目を跳び終えて『あかんわ』という感覚になり、1分以上(60秒40)かかって落ち込みました」。しかし、「今日は『思い切って前半から行くしかない』と突っ込んで入りました」と、開き直って臨んだことが功を奏した。

「冬季は積極的にハードル練習に取り組んできた」と言うだけあり、昨年までややぎこちなかった逆足踏み切りのハードリングもスムーズ。「昨年、54秒台(54秒84)を出せた400mのスピードをようやく400mハードルに生かせるようになりました」と好調の要因を口にする。

ルーキーイヤーだった昨年、「4連覇を目指します」と宣言していた。「まずは2連覇を果たせて良かったです」とホッとした様子も見つつ、「来年、再来年も続けられるよう、体調に気をつけてがんばりたい」と意気込みを語る。

関西をステップに、次のターゲットは2週間後の日本選手権。「連覇できるよう、今回の教訓を生かし心も身体もしっかり準備して臨みたいです」と力強く話した。

大会を締めくくる4×400mリレーでも、2走を担って3分40秒86での優勝の原動力となり、2冠獲得でチームの2年ぶり9度目の総合優勝に貢献した。

文/花木 雫

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com