月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走高跳で真野友博が2m30の大会新V、女子100mは兒玉芽生が11秒39w/九州実業団


◇第65回九州実業団選手権(5月21日~22日/福岡・北九州市立本城陸上競技場)

最終日に行われた男子走高跳で真野友博(九電工)が2m30の大会新記録で、2連覇を達成した。

2m15から試技を始めた真野。この高さを含め、次の2m20、2m25も難なく1回で成功した。自己ベスト(2m31)に1cmと迫る2m30は2回失敗したものの、3回目でクリア。前回自身がマークした大会記録(2m27)を更新した。さらにオレゴン世界選手権参加標準記録となる2m33に挑戦したが、3回失敗で競技が終了した。

女子100mは、兒玉芽生(ミズノ)が追い風参考ながら、11秒39(+2.7)で優勝。男子100mは、予選で大会新の10秒35(+1.1)をマークした与那原良貴(アスリート工房)が10秒32(+2.8)で制した。

女子砲丸投は尾山和華(今村病院)が大会新の15m39をマークした。女子やり投は、武本紗栄(佐賀県スポーツ協会)が大会新の59m46で1位。2位の上田百寧(ゼンリン)も大会新の59m23を放った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com