月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が1500m4分06秒35のシーズンベスト 女子3000m障害の山中は9分47秒22/米国陸連ディスタンス・クラシック


5月19日、米国カリフォルニア州のマウントサックで米国陸連ディスタンス・クラシックが行われ、女子1500mの田中希実(豊田自動織機)が4分06秒35のシーズンベストで5位に入った。

試合は2組タイムレースで行われ、田中は2組目に出場。19年ドーハ世界選手権5000m銅メダルのK.クロスターハルフェン(ドイツ)らが先頭を引っ張るなか、田中は集団の10番手あたりでレースを進めると、ラスト400mを64秒3とペースアップ。今月8日のセイコーゴールデングランプリで出した4分07秒53を上回る今季自己最高をマークした。

また、女子3000m障害には東京五輪代表の山中柚乃(愛媛銀行)が出場し、9分47秒22のシーズンベストで5位。女子1500m1組目に出場した後藤夢(豊田自動織機)はセカンドベストの4分12秒02で総合19位だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com