月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

10㎞ロードレースで東京五輪5000m4位のキメリ、10000m6位のチェプタイがV! 男女ともにコースレコードの好記録


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
WA(世界陸連)エリートレーベルの10㎞ロードレースが5月15日にベンガルール(インド)で開催された。

男子は東京五輪5000m4位のN.キメリ(ケニア)が27分38秒で優勝。女子は東京五輪10000m6位のI.チェプタイ(ケニア)が30分35秒で制し、男女ともにコースレコードを更新した。

男子の2位は昨年のU20世界選手権3000m優勝、5000m2位のT.ウォルク(エチオピア)が27分43秒、3位はハーフマラソン世界歴代2位の記録(57分32秒)を持つK.カンディエ(ケニア)が27分57秒で続いた。

女子は世界選手権5000m2連覇(17年ロンドン、19年ドーハ)、五輪5000mで2度銀メダル(16年リオ、21年東京)を獲得しているH.オビリ(ケニア)が30分44秒で2位、J.チェプケモイ(ケニア)が31分47秒で3位に入った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com