月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子はピンタドが1時間21分54秒 女子はガルシア・レオンが1時間32分42秒で制す/WA競歩ツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

5月7日、世界陸連競歩ツアー・ゴールドの競技会がポルトガルのリオ・マイオールで開催され、男子20km競歩ではB.D.ピンタド(エクアドル)が1時間21分54秒で、女子20km競歩ではK.ガルシア・レオン(ペルー)が1時間32分42秒でそれぞれ優勝した。

男子優勝のピンタドは19年のパンアメリカンゲームスの優勝者で、昨年の東京五輪では12位。今年3月にオマーン・マスカットで行われた世界競歩チーム選手権では4位に入っている。女子優勝のガルシア・レオンは17年ロンドン世界選手権で7位入賞の経験があり、今年の世界競歩チーム選手権では3位の成績を収めている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com