月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

服部勇馬が東京五輪以来のマラソン 35km以降にペースを落とし、2時間18分06秒/プラハ・マラソン


5月8日、チェコでプラハ・マラソンが行われ、東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)が出場し、2時間18分06秒で9位に入った。

昨年、8月の東京五輪以来のマラソンとなった服部は、1kmをほぼ3分00秒ペースを刻む集団でレースを進め、中間点を1時間3分14秒で通過。しかし、後半に先頭から引き離されると35km以降に大きくペースを落としてしまった。優勝はN.キゲン(ケニア)で、タイムは2時間7分54秒だった。

服部は東京五輪のレース中に熱中症に襲われ、最後はフラフラになりながらもフィニッシュ(73位)。その後は休養を挟んだ後、練習に復帰して、11月には10000mで28分22秒86をマーク。正月のニューイヤー駅伝にも出場した。

2024年のパリ五輪に向けて、五輪での入賞とマラソン2時間3分台を目標に掲げており、今年2月の全日本実業団ハーフでは、自己ベストの1時間1分24秒で走っていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com